FANDOM


平田一(ひらたはじめ)は、アニメ『宇宙戦艦ヤマトIII』に登場する架空の人物。ベテラン乗組員。

生活班炊事科に勤務し、古代進とは少年宇宙戦士訓練学校の同期生である。設定上、平田と上司の幕之内勉はイスカンダルへの旅(パート1)からの乗組員である(よって対白色彗星帝国戦後の帰還メンバー19人の内の二人である)。古代から生活班での勤務を命ぜられた土門竜介に、宇宙戦士の心得を懇切に説く温厚な人物である。古代は艦長であるから、平田はベテランのヤマト乗組員ながらも出世には無縁の人物のようである。しかし、深夜の自己トレーニングを終えた古代にレモンティーを差し入れて、土門の眼も憚らず艦長相手に「もう一杯飲むかい」と云う所に彼の古参者ぶりを感じさせられる。第11番惑星空域の戦闘でガルマン・ガミラス帝国艦がヤマトの左舷に衝突し、この時移乗侵入したガルマン兵士が食堂に到達し銃撃戦となり、応戦した平田は負傷し死亡した。平田ら戦死者の棺は宇宙葬によって宇宙空間に流された。